■その他の支払い

アガリ得点以外にも、いくつかのケースで点棒のやり取りが行われる。

【積み棒】
親が連荘した場合や流局した場合は、次の局には300点の祝儀料がかけられる。そして連荘が続くたびに次の局の祝儀料は300点ずつ加算される。親は、連荘1回ごとに雀卓の右端に100点棒を目印として置くが、これを「積み棒」という。積み棒の本数によって、1本場、2本場、・・・と言い表す。祝儀料はアガった人がもらえる。ロンアガリの場合はアガリ牌を捨てた1人から、ツモアガリの場合は3人から3分の1ずつもらう。

【リーチ棒】
リーチをかけた人が供託料として出しているのが1000点のリーチ棒。リーチ棒はアガった人が全て受け取り、その局にアガる人がいなければ、次局に持ち越しになり、次にアガった人がもらえる。

【ノーテン罰符】
誰もアガれず流局した場合、テンパイしていないと罰料を払わなくてはならない。これを「ノーテン罰符」という。罰料はいずれも合計3000点となるが、支払い方はテンパイしている人数で決まる。
1人テンパイの場合・・・テンパイしている1人に、そうでない3人が1000点ずつ支払う。
2人テンパイの場合・・・テンパイしている2人に、そうでない2人が1500点ずつ支払う。
3人テンパイの場合・・・テンパイしている3人に、そうでない1人が1000点ずつ支払う。

【チョンボ】

(※)誤ツモや誤ロンをした場合は「チョンボ」となる。他にも、送り槓(※)や牌山を崩した場合などにも適用される。
・親のチョンボの場合・・・3人の子に4000点ずつ支払う。
・子のチョンボの場合・・・親に4000点、2人の子に2000点ずつ支払う。
※誤ツモ、誤ロン・・・テンパイしていないのにアガリを宣言した場合や、アガリ牌を間違えた場合、アガリ役がなかった場合、フリテンしていた場合などが該当する。手牌を公開する前に間違いに気づいた場合は、アガリ放棄(以降の鳴き、アガリの禁止)となる。
※送り槓・・・リーチ後のカンは認められているが、待ちや面子が変化しないことが条件である。「555567」といった部分があるとき、8を引いて5でカンすることを「送り槓」という。

【その他】
・誤チー、誤ポン、誤カン・・・鳴きの宣言をしながら取りやめることが該当する。1000点供託、もしくはアガリ放棄、またはその両方となる。
・多牌、少牌・・・何かのミスで手牌が多くなった場合が多牌、少なくなった場合が少牌。以降、アガリ放棄。ただし、多牌はチョンボとすることも多い。