■親決め

【親決めの方法】
1回戦の最初に親をする人を起家(チーチャ)というが、サイコロ2個を使って決める。

1、場所決めで東を引いた人が、2個のサイコロを振る。
2、サイコロの目に当たった席の人が、同じく2個のサイコロを振る。
3、2度目のサイコロの目に当たった人が最初の親、つまり起家と決定する。

※サイコロの目に当たる席について
起家決めや配牌を始める場所などは、2個のサイコロを振って出た目の合計数でサイコロの目に当たる席が決まり、これを基準にする。サイコロの目が1(実際はサイコロ2個では起こらないことだが)であればサイコロを振った人が当たり、2であれば右隣の人、3であれば正面の人、というようにサイコロを振った人から反時計回りになる。