■鳴き

アガリに向かうための手段として、ツモ以外に鳴きがある。鳴きには、チー、ポン、カンの三種類があり、いずれも他の人の捨て牌をもらうことができ、発声後に面子を晒し、雀卓の右側に置き(その際鳴いて得た牌を横向けにする)、不用牌を1枚捨てる。次のツモの順番は鳴いた人の右隣にいる下家。

チー・・・順子を作る手段。左隣にいる上家(カミチャ)の人の捨て牌が、自分の手牌にある2枚と組み合わせると順子になる場合、その捨て牌をもらうことができる。

ポン・・・誰かの捨て牌が、自分の手牌にある2枚と組み合わせると刻子になる場合、その捨て牌をもらうことができる。

カン・・・カンには、暗槓(アンカン)、大明槓(ダイミンカン)、加槓(カカン)の3種類がある。

暗槓(アンカン)・・・自分の手牌の中に同一牌が4牌あり、槓子として使いたい場合に、「カン」と発声して晒し(両端の牌を裏返す)、(※)嶺上牌(リンシャンハイ)から1枚手牌に補充する。ただし、暗槓は鳴いたことにはならず、暗刻と同様の扱いになる。

大明槓(ダイミンカン)・・・誰かの捨て牌が、自分の手牌にある3枚と組み合わせると槓子になる場合、その捨て牌をもらうことができ、4枚1組で1面子とすることができる。その際、嶺上牌から1枚手牌に補充する。

加槓(カカン)・・・ポンして作った明刻と同じ牌を引いてきたときに、その牌を加え、槓子にすることができる。その際、嶺上牌から1枚手牌に補充する。

嶺上牌・・・カンの際、最後列上段から1枚を手牌に補充する。さらにドラ表示牌の最後列と逆隣の牌を表向け、2枚目のドラ表示牌とする。カンは最大4回しかできない(4回カンをすると、流局する)。