■面子、塔子

麻雀は一部の例外を除き、4面子(メンツ)1雀頭(ジャントウ)を作り、アガリを目指す競技だが、牌の組み合わせには大きく分けて2種類あり、アガリに必要な面子(メンツ)と、面子になる前の塔子(ターツ)がある。面子には刻子(コーツ)、順子(シュンツ)、槓子(カンツ)の3種類があり、塔子には辺塔子(ペンターツ)、嵌塔子(カンターツ)、両塔子(リャンターツ)そして、雀頭になる対子がある。

【面子(メンツ)】
刻子(コーツ)・・・同じ牌3枚。字牌は刻子でしか面子にならない。手牌で作った刻子を暗刻子(アンコウツ)、もしくは暗刻(アンコ)といい、鳴いて(鳴きについては後述)作った刻子を明刻子(ミンコウツ)、 もしくは明刻(ミンコ)と呼ぶ。
順子(シュンツ)・・・同じ種類の牌で数が連続する3枚。
槓子(カンツ)・・・同じ牌4枚。槓(カン)することで面子として使える。手牌で作った槓子を暗槓子(アンカンツ)、もしくは暗槓(アンカン)といい、鳴いて(鳴きについては後述)作った槓子を明槓子(ミンカンツ)、 もしくは明槓(ミンカン)と呼ぶ。

【塔子(ターツ)】
辺塔子(ペンターツ)・・・「1,2」もしくは「8,9」の、連続する数牌2牌の組み合わせ。
嵌塔子(カンターツ)・・・1つ飛びの数牌2牌の組み合わせ。
両塔子(リャンターツ)・・・「1,9」を含まない連続する数牌2牌の組み合わせ。
対子(トイツ)・・・雀頭、アタマとも言う。同じ牌2枚の組み合わせのみ。